2016年3月16日 (水)

ありがとう、そしてさようならキース

 しばらくこのブログをほったらかしにしていたら、表示されなくなったことに気付いたのが、昨年の夏頃。どうせ言いたいことが言えないのでどうでもいいと思っていたがつい先日、別件でプロバイダーのNIFTYさんに問い合わせたところ、どうやらブログパーツのリンク切れだと判明。そんなこんなで再び表示されるとまた何か書きたくなるもの・・・。

 そして、東日本大震災から5年が経ち、最近また沿岸地域に行ってきたのでその様子でも書いてみようかと思った矢先、またもや訃報が。

 3月10日のこと。キース・エマーソン氏が拳銃自殺により死00_3去。享年71歳。昨年コンサートを行ったときに心ないファン(そんなのファンじゃない!)から、“演奏するのやめればいいのに”のようなことを言われたとか。確かに右手に神経の障害があり、8本の指でしかキーボードをプレイすることができなかった上、症状がさらに悪化するのを自覚していたため、うつ状態だった。
 4月に来日し、東京、大阪のビルボードライブで公演を開く予定だった・・・。日本公演を最後に引退する予定だったそうだ。とても悲しいし、悔しい。

 私は、中学生から高校生にかけてとても影響を受けたミュージシャン(グループ)にエマーソン・レイク&パーマー(ELP)がおりました。その中のキーボード奏者がキース・エマーソンです。Emersonlakepalmer_2

 早くから、ロックとクラシックとジャズをうまくミックスし、その卓越したテクニックを駆使して即興演奏を行っておりました。ステージではハモンドオルガンにナイフを刺してまるで闘牛士のような派手な02keithemerson570アクションで観客を魅了しました。そして彼と言ったらやはり切っても切れないのがシンセサイザーです。シンセサイザーを曲の中心に導入したのがこのお方。シンセ奏者としても草分け的な存在なのです。
 彼らのレコードはほとんど持っています。もちろんCDも買いました。
 ロックを知らない人でも「幻魔大戦」という映画はご存知かと思います。そのサウンドトラックを手掛けています。ここ数日間は、ELPの作品を何度も聴き返しています。

Elp_picturesatanexhibition 一番最初に聴いた作品が、「展覧会の絵」でした。これはムソルグスキー(ラヴェル編曲)の作品で少し後になって日本人のシンセ奏者の富田勲さんの作品も話題になりました。この「展覧会の絵」はライヴ盤であり、たったの3人で演奏したバケモノのような作品です。

ReleasedNovember 1971
Recorded26 March 1971,
Newcastle City Hall,
Newcastle upon Tyne, England


Emerson_lake__palmer__tarkus_1971_f こちらは、「タルカス」です。私見ですが最高傑作だと思っております。表題曲である「タルカス」は、20分を超える壮大な組曲になっています。想像上の怪物・タルカスが火山の中から現れ、地上のすべてを破壊し尽くし、海に帰っていくというストーリーになっています。

Released14 June 1971
RecordedJanuary 1971 at Advition Syudios in London

 他にも取り上げたい作品はたくさんあるが今日はここまで。心からご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月20日 (金)

気がつけば・・・

 気がつけば、いつの間にか・・・前回更新したときからかなりの月日が流れてしまいました。

 何かを言いたくてこのブログを始めたのですが、職業倫理なるものか・・・何も言えない状況が続き、書かなくなってしまいました。

 でも今日はこれだけを言いたくて・・・。

 ポグバの2ヶ月間の離脱は大きいゾ!

 それからポグバはレアルなんかに渡したくない!!

 以降は別のブログでも立ち上げてこれまでの鬱憤を晴らすつもりです。

 リンクを貼るつもりはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月29日 (日)

自分らしさが・・・

 もうそろそろブログのタイトルにも違和感(開業5年目でヒヨコじゃぁ~ねぇ~)があり、社労士の品位を落とさないよう気を使いながら書くのも嫌気がさしてしばらく更新しないままあっという間に6月も最終週になりました。
 もっと本音をぶちまけたい・・・と思いつつも、「冷静であれ」というもう一人の自分がブレーキをかけて制御している始末。
 「W杯期間中は仕事をしない」と公言しても、実際はそういうわけにもいかず、「日本残念だったね」と言われても、「日本のためにだけW杯みているわけじゃねーし」とは言えないし。
 職業柄そこまで我慢しなくてはならないものか・・・。
 ここではこれ以上のことは言えないので、また別のところで言おうと思います。

 さて、W杯も決勝トーナメントに突入していよいよ面白くなってきました。
 優勝は今のところ「神のみぞ知る」なんでしょうけれど、どうやら順当なんでしょうか?
 今日は、ジャズ界の鬼才エリック・ドルフィーの命日ですので、ドルフィーのライヴ盤で「アット・ザ・ファイヴスポット・VOL.2」です。
 言わずと知れたあの大名盤の第2集です。もちろん、トランペットは、これまた天才のブッカー・リトルです。
 どうしても第1集の影に隠れがちですが、こちらも火を噴くような熱い演奏が繰り広げられています。

Eric_dolphy_at_the_five_spot_vol2Eric Dolphy at The Five Spot, VOL.2 / Eric Dolphy

01. Aggression
02. Like Someone In Love

Eric Dolphy - flute,bass clarinet
Booker Little - trumpet
Mal Waldron - piano
Richard Davis - bass
Eddie Blackwell - drums

Recorded live at the five spot,NYC; July 16,1961

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月12日 (水)

天災は忘れた頃に

 天災は忘れた頃にやってくる・・・と言われておりますが、あれから3年。あの日の恐怖は、こんなボンクラな私でも今も脳裏にはっきりと刷り込まれております。

 その3年が経過した昨日は、顧問契約をしている市内の介護福祉施設の新入社員研修の講師をしてきました、とは言ってもほんの一部分を担当しただけですが・・・。その時間帯はちょうど東日本大震災の発生時刻でしたので2時46分から1分間の黙禱・・・。

 本日は、あの日のように朝起きたときは雪景色でした。それで本日は、昨日とは真逆の再雇用セミナーということで、今度はまた違う介護福祉施設での講義でした。再雇用後の賃金の低下を補う様々な公的扶助の恩恵を受けることによって、可処分所得がそれほどの変化がないことを説明すると、皆さん興味深そうに真剣になって話を聞いてくれました。

 さて、今日の1枚ですが、今日は天災は・・・の方ではなく真の天才であるチャーリー・パーカーの命日になりますので、彼のヴァーヴ時代の作品「ナイト・アンド・デイ」です。この頃のパーカーは絶頂期を過ぎて下降線上にいた時代の作品です。それでも天才は天才。こちらの天才は忘れた頃にもそう簡単にはやってきませんので・・・。

Charlieparkernightanddaythegeniusof Night And Day, The Genius Of Charlie Parker #1

01. Temptation      
02. Autumn In New York      
03. Lover      
04. Stella By Starlight      
05. Dancing In The Dark      
06. Night And Day      
07. Almost Like Being In Love      
08. I Can't Get Started      
09. What Is This Thing Called Love      
10. Laura 

All tracks
Charlie Parker (alto saxophone)

Tracks 05,10
Joseph Singer (French horn) Edwin C. Brown (oboe)
Sam Kaplan, Harry Melnikoff, Sam Rand, Ziggy Smirnoff (violin)
Howard Kay, Isadore Zir (viola)
Maurice Brown (cello)
Verley Mills (harp)
Bernie Leighton (piano)
Ray Brown (bass)
Buddy Rich (drums)
Joe Lippman (arranger, conductor)
Reeves Sound Studios, NYC, July 5, 1950

Tracks 01-04
Chris Griffin, Al Porcino, Bernie Privin (trumpet)
Will Bradley, Bill Harris (trombone)
unknown (flute, oboe)
Toots Mondello, Murray Williams (alto saxophone)
Art Drellinger, Hank Ross (tenor saxophone)
Stan Webb (baritone saxophone)
Verley Mills (harp)
Lou Stein (piano)
Art Ryerson (guitar) Bob Haggart (bass)
Don Lamond (drums)
unidentified strings, Joe Lippman (arranger, conductor)
First Ave. & East 44th St., NYC, January 22, 1952

Tracks 06-09
Jimmy Maxwell, Carl Pool, Al Porcino, Bernie Privin (trumpet)
Bill Harris, Lou McGarity (trombone)
Bart Varsalona (bass trombone)
Harry Terrill, Murray Williams (alto saxophone)
Flip Phillips, Hank Ross (tenor saxophone)
Danny Bank (baritone saxophone)
Oscar Peterson (piano)
Freddie Green (guitar)
Ray Brown (bass)
Don Lamond (drums)
Joe Lippman (arranger, conductor)
First Ave. & East 44th St., NYC, March 25, 1952

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

2014年の仕事初め!

 (喪中ですので)
 今年もよろしくお願いします。

 さて、今日から仕事を開始しました。
 午前中は、請求書の郵送やファイリング、クライアントの賞与支払届などの書類を作成し、午後は現在基幹業務システムの変更真っ最中のお客様のところへ行きバックアップ。
 1時間半くらいを目途に・・・と考えておりましたが、結果3時間半くらいかかってしまいました。
 それでも完全には終わらずまた後日としました。
 このお客様の基幹業務システムのリース料金がバカならず、そのわりには汎用性もなく、またカスタマイズも出来ず(メーカーが怠けているだけだが)使い勝手が悪く費用対効果を考えるとまるでダメダメシステムなので私が業を煮やして「解約したら?」と言ったのがキッカケでリース契約が満了になるある時期を目途に現在汎用ソフトに移行中なのであります。
 私が言いだしっぺなので責任を持ってやらなくては・・・。
 ということで社労士業務とは少し違うことも行っているわけでありまして。。。

 そんなこんなで今年も始まりました。

 今日の1枚は、アート・ペッパーの前期の録音でオムニバス的な内容になっている「ザ・ウェイ・イット・ワズ!」です。
 本アルバムは、前半がテナーのウォーン・マーシュとの絡みが絶妙の2ホーン。(5曲目はペッパーのみのワン・ホーン)
 7から9曲目は、お馴染みのLPから(当時)漏れた曲をピックアップしたもの。(なぜ未収録だった?と疑いたくなる名演。現在はそれぞれの作品のCDに収録されてあります)
 私のベストトラックは何と言っても5曲目「What's New」のピアノのイントロからテーマ部分へ入るペッパーのフレーズが鳥肌もので彼のベスト5に入る演奏だと断言します!

The_way_it_wasThe Way It Was! / Art Pepper

01. I Can't Believe That You're In Love With Me 
02. I Can't Believe That You're In Love With Me (Alternate Take) 
03. All The Things You Are 
04. All The Things You Are (Alternate Take) 
05. What's New 
06. Tickle Toe 
07. The Man I Love 
08. Autumn Leaves 
09. The Way You Look Tonight 

Tracks 01 - 06
・Art Pepper, alto sax
・Warne Marsh, tenor sax
・Ronnie Ball, piano
・Ben Tucker, bass
・Gary Frommer, drums
Recorded November 26, 1556

The Man I Love(「Art Pepper 'Meets' The Rhythm Section」)
・Art Pepper, alto sax
・Red Garland, piano
・Paul Chamber, bass
・Philly Joe Jones, drums
Recorded January 19, 1957

Autumn Leaves(「Intensity」)
・Art Pepper, alto sax
・Dolo Coker, piano
・Jimmy Bond, bass
・Frank Butler, drums
Recorded November 23, 1960

The Way You Look Tonight(「Gettin' Together!」)
・Art Pepper, alto sax
・Wynton Kelly, piano
・Paul Chambers, bass
・Jimmy Cobb, drums
Recorded February 29, 1960

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月31日 (火)

お久しぶり・・・でしたが、また来年

 9月7日以来の久しぶりの投稿となってしまいました。

 家内の父が亡くなり、その後私の叔母が亡くなりました。不幸は続くものです。

 そんな中でこれまであまり新規のお客様の動きがなかったのですが、ここにきて毎月新規のクライアントが増えておりましてうれしい悲鳴。。。

 追いつかず仕事はつい先ほどまでかかりそれでも終わらず越年となりました。

 今年の目標は取り敢えずクリアーはできましたが、来年はどのような年になるか・・・いろいろ暗中模索・・・までではありませんが、何か新たな事をしてみたいと思う今日この頃です。

 さて久しぶりの今日の1枚が今年の最後の1枚となりました。ジャズピアノの巨匠オスカー・ピーターソンの1968年の作品「メロー・ムード」です。MPSレーベルの5作目でドイツで録音した作品です。お馴染みの曲がズラリと並んでおりますが、中でも「ニカの夢」が白眉です。

Mellow_moodMellow Mood / Oscar Perterson

01. In A Mellotone 

02. Nica's Dream 

03. On Green Dolphin Street

04. Summertime

05. Sometime's I'm Happy

06. Who Can I Turn To

Oscar Perterson  (p), Sam Jones (b), Bobby Durham (drums)

Recorded April ,1968

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 7日 (土)

感謝と哀悼の誠

 妻のお父さんつまり私の義父のことですが前回の更新時に手の施しようがなく緩和ケアに移ったことを書きましたが、その翌日早朝に亡くなりました。享年80歳でした。感謝と哀悼の誠を捧げます。

 平均余命のくらいは生きたとは言え、とても残念でなりません。

 そして昨日、葬儀まで終わり今日は1日中ポカ~んとしていました。

 悲しいお別れのたびに歳は取りたくないと思うのですが、こればかりは・・・。

 涙を拭いて明日からは滞っている業務を遂行しなければ・・・。

 今日の1枚は、ビル・エバンスの「アイ・ウィル・セイ・グッドバイ」です。何も言うことはありません。タイトル曲と3曲目の「Seascape」の悲しくも美しい旋律は、ジャズピアノの詩人ビル・エバンスの真骨頂であり、彼でなければ演奏できないものです。

I_will_say_goodbyeI Will Say Goodbye / Bill Evans

01. I Will Say Goodbye
02. Dolphin Dance
03. Seascape
04. Peau Douce
05. Nobody Else But Me
06. I Will Say Goodbye [Take 2]
07. The Opener
08. Quiet Light
09. House Is Not a Home
10. Orson's Theme

Bill Evans (Piano)
Eddie Gomez (Bass)
Eliot Zigmund (Drums)

Recorded May 11-13, 1977

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 1日 (日)

取り敢えずアップします

 気がつけば8月は終わっており、今日から9月。

 今日は、同居人・・・いや妻の誕生日ですが、そんな浮かれている場合ではありません。

 訳あって今はそんな状況ではないのです。

 実は、妻のお父さんが膵臓癌であと数日持つかどうか・・・。

 現在は、治療もなくなり緩和ケアに。

 後はお別れをするばかりに・・・。

 寂しいです。俺の若いときには、遊びに行くと2人でよく呑んだくれて2人共に翌日は二日酔いになっていました。

 今となってはとてもなつかしい思い出です。

 又、一緒に呑みたかったなぁ。(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月13日 (土)

帯状疱疹

 年金事務所には週1回程度ですが、年金相談員として窓口で業務をしております。
 旧社会保険庁時代から行っていますので年金問題のときのあの苦しい(連日罵声を浴びせられた)頃よりはだいぶよくなりましたが、たまに威勢のよいお客様が来たときには大変な思いをします。
 遂先日も雇用保険の所定給付日数が終わりそうで、年金の支給再開時期がいつからかを訊きに来たお客様がおりました。
 事後精算の仕組みと支給時期についてお話しすると突然怒り出して・・・。
 お客様の言い分は、雇用保険の失業給付(基本手当)は、日割り(日数分)で年金は月額だから、きたないやり方だ・・・と主張されるのです。
 しかし、これについてはお気持ちは分かりますが、窓口である私たちに言われても何ともしようがありません。
 制度の問題ですがそれを全面に出して説明するわけにはいきません。
 そんなことを言えば、必ず「冷たい言い方だ」とか「血が通っていない」とか言われるからです。
 要するに火に油を注ぐ結果になるということです。
 でもそれを言えず何と言うか・・・歯切れが悪くなっているとドンドン突っ込まれます。
 最後はボロ雑巾になって相談を終えるのです・・・。

 この1週間前ほどから首の後ろに吹出物ができ、しだいに肩や上腕部に広がっていきました。
 最初は汗をかいたので「あせも」?と思いましたが、これが痛くなってきたのでおかしいなと感じて本日病院に行きました。
 診察の結果、予想通り「帯状疱疹」ということでした。
 約15年前に妻がかかったことがあるため、それに近い症状だったので見事ビンゴ!でした。

 自分では慣れているつもりのクレームなのですが、今回は「貴方の名前を遺書に書いて死んでやる」と言われたのでさすがに堪えました。
 あの表情は今も忘れません。
 もう年金事務所での年金相談員は辞めようか・・・と思っているところです。
 いつもお世話になっているドクターには、「ストレスではないのか?」と言われましたが、誰しもストレスは少なからずあるでしょうし、それを抱えて頑張っているのです。
 こんなことで・・・と思い我慢していたときに妻から「早く病院に行って来なさい」と怒られてしまい行った結果がこうでした。
 あんなことを言われて・・・とか、もう限界に近づいているのかな?と思うと次の当番日が精神的な負担となりつつあります・・・いや、もう既になっているのでしょうね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水)

法テラスにて

 今日は、久しぶりに沿岸の大船渡市に行って来ました。
 もちろん仕事ですが、行き先はこの3月にオープンした「法テラス気仙」に震災特例法による専門家の派遣による相談(法律)援助です。

 水曜日以外は常時弁護士の先生方が、水曜日は司法書士の先生方が交替で相談業務を行います。そして、税理士、行政書士、社会保険労務士については月2回(第2,4水曜日)交替で行いますが、今日は私が当番でした。

 前回行ってきた先生に前以てどんな様子なのかをお聞きしていたのですが、到着後多少緊張ぎみで他の士業の先生方にご挨拶をしました。相談される方は、思った通り少ないのですが、バックヤード?で各士業の先生方と情報交換をしたのは大変有意義なことであり、とても有益なものでした。次回は、8月です。

 大船渡へ行く途中に陸前高田市があります。大船渡市は、復興に向けて少しずつではありますが、進んでいる感じが見てとれるのですが、陸前高田市はまだまだです。それでもまだ福島県の沿岸(浜通り)と比較すればいい方かも知れませんが、「復興」は遠く果てしないように感じられます。全国の皆さん決して忘れないでください。お願いします。

 復興を妨げている一つの要因として「相続」問題があるようです。津波により浸水した市街地は市が買い取って嵩上げして・・・という構想ですが、実は津波で犠牲となった方たちの相続の問題が復興の足かせとなっているというのです。市役所の職員の方々は頑張っています。何卒、ご理解下さい。

法テラス気仙 ⇒ http://www.houterasu.or.jp/news/20130326.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧