2010年8月17日 (火)

木工品で癒されました

 お盆が過ぎても猛暑は続いています。
 今日、17日ともなれば会社に出社している方が大半を占めるのでしょうが、うちのカミさんは明日まで休みなので仕方なく外出。
 途中、道の駅に寄り木工芸品を鑑賞してきました。
 宮城県登米市津山町国道45号線沿いにあります。
 店内に体験コーナーのようなものもありました。
 木工品は、落ち着きますね。完全に癒し系です。
 ロッキンチェアがありました・・・欲しいな。
 (オーダーメイドで1ヵ月かかるそうです。お値段は5万円くらいのようです)

 道の駅津山もくもくランドのサイト ⇒ こちらから 

 クラフトショップもくもくハウス ⇒ こちらから 

 今日は、人気絶頂期前にローリング・ストーンズの前座をしていた時代にその定評のあるライヴ・パフォーマンスで完全に主役を喰ったという伝説をもつユーライア・ヒープのこれまた絶頂期のライヴ録音「ユーライア・ヒープ・ライヴ」です。
 ユーライア・ヒープ は、イギリスのハード・ロック・バンドですが、時折プログレッシヴ・ロックのジャンルでも紹介されたりしますが、彼らは間違いなくハード・ロック・ バンドです。
 前身の「スパイス」から「ユーライア・ヒープ」に名前を変更したのは1970年。
 ヘビーサウンドにシンフォニックなサウンド作りで話題になり、遂にアルバム「対自核」で人気沸騰。絶頂期には来日公演も行いました。
 本作は、その来日公演を行った年の1973年当時のライヴ録音盤です。(1973年1月)
 イギリスはバーミンガムでのライヴです。来日公演は3月ですからほぼこのライヴ盤と同じような構成だったと思われます。
 因みにベースのゲイリー・セインは翌年コンサート中に感電事故に遭い重傷を負います。このあたりから徐々に失速していきました。
 その後は、メンバーの激しい交代劇はあるものの何とか現在も継続して活動をしているようです。
 一時は、ロック未開拓地であった旧ソ連で大人気でした。
 アルバム「対自核」からあの大作「七月の朝」が大ヒットしたそうです。
 本作でも熱演しています。

Uriah_heep_live Uriah Heep Live / Uriah Heep

01. Introduction 
02. Sunrise 
03. Sweet Lorraine 
04. Traveller In Time 
05. Easy Livin 
06. July Morning 
07. Tears In My Eyes 
08. Gypsy 
09. Circle Of Hands 
10. Look At Yourself 
11. The Magician's Birthday Party 
12. Love Machine 
13. Rock 'n' Roll Medley: Roll Over Beethoven / Blue Suede Shoes / Mean Woman Blues / Hound Dog / At The Hop / Whole Lotta Shakin' Goin' On

David Byron (vo)
Ken Hensley (key,steel-g)
MIick Box (g)
Gary Thain (b)
Lee Kerslake (ds)

Recorded January 1973 in Birmingham, England 

| | コメント (0) | トラックバック (0)