« 2014年の仕事初め! | トップページ | 自分らしさが・・・ »

2014年3月12日 (水)

天災は忘れた頃に

 天災は忘れた頃にやってくる・・・と言われておりますが、あれから3年。あの日の恐怖は、こんなボンクラな私でも今も脳裏にはっきりと刷り込まれております。

 その3年が経過した昨日は、顧問契約をしている市内の介護福祉施設の新入社員研修の講師をしてきました、とは言ってもほんの一部分を担当しただけですが・・・。その時間帯はちょうど東日本大震災の発生時刻でしたので2時46分から1分間の黙禱・・・。

 本日は、あの日のように朝起きたときは雪景色でした。それで本日は、昨日とは真逆の再雇用セミナーということで、今度はまた違う介護福祉施設での講義でした。再雇用後の賃金の低下を補う様々な公的扶助の恩恵を受けることによって、可処分所得がそれほどの変化がないことを説明すると、皆さん興味深そうに真剣になって話を聞いてくれました。

 さて、今日の1枚ですが、今日は天災は・・・の方ではなく真の天才であるチャーリー・パーカーの命日になりますので、彼のヴァーヴ時代の作品「ナイト・アンド・デイ」です。この頃のパーカーは絶頂期を過ぎて下降線上にいた時代の作品です。それでも天才は天才。こちらの天才は忘れた頃にもそう簡単にはやってきませんので・・・。

Charlieparkernightanddaythegeniusof Night And Day, The Genius Of Charlie Parker #1

01. Temptation      
02. Autumn In New York      
03. Lover      
04. Stella By Starlight      
05. Dancing In The Dark      
06. Night And Day      
07. Almost Like Being In Love      
08. I Can't Get Started      
09. What Is This Thing Called Love      
10. Laura 

All tracks
Charlie Parker (alto saxophone)

Tracks 05,10
Joseph Singer (French horn) Edwin C. Brown (oboe)
Sam Kaplan, Harry Melnikoff, Sam Rand, Ziggy Smirnoff (violin)
Howard Kay, Isadore Zir (viola)
Maurice Brown (cello)
Verley Mills (harp)
Bernie Leighton (piano)
Ray Brown (bass)
Buddy Rich (drums)
Joe Lippman (arranger, conductor)
Reeves Sound Studios, NYC, July 5, 1950

Tracks 01-04
Chris Griffin, Al Porcino, Bernie Privin (trumpet)
Will Bradley, Bill Harris (trombone)
unknown (flute, oboe)
Toots Mondello, Murray Williams (alto saxophone)
Art Drellinger, Hank Ross (tenor saxophone)
Stan Webb (baritone saxophone)
Verley Mills (harp)
Lou Stein (piano)
Art Ryerson (guitar) Bob Haggart (bass)
Don Lamond (drums)
unidentified strings, Joe Lippman (arranger, conductor)
First Ave. & East 44th St., NYC, January 22, 1952

Tracks 06-09
Jimmy Maxwell, Carl Pool, Al Porcino, Bernie Privin (trumpet)
Bill Harris, Lou McGarity (trombone)
Bart Varsalona (bass trombone)
Harry Terrill, Murray Williams (alto saxophone)
Flip Phillips, Hank Ross (tenor saxophone)
Danny Bank (baritone saxophone)
Oscar Peterson (piano)
Freddie Green (guitar)
Ray Brown (bass)
Don Lamond (drums)
Joe Lippman (arranger, conductor)
First Ave. & East 44th St., NYC, March 25, 1952

|

« 2014年の仕事初め! | トップページ | 自分らしさが・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175815/59282055

この記事へのトラックバック一覧です: 天災は忘れた頃に:

« 2014年の仕事初め! | トップページ | 自分らしさが・・・ »