« 取り敢えずアップします | トップページ | お久しぶり・・・でしたが、また来年 »

2013年9月 7日 (土)

感謝と哀悼の誠

 妻のお父さんつまり私の義父のことですが前回の更新時に手の施しようがなく緩和ケアに移ったことを書きましたが、その翌日早朝に亡くなりました。享年80歳でした。感謝と哀悼の誠を捧げます。

 平均余命のくらいは生きたとは言え、とても残念でなりません。

 そして昨日、葬儀まで終わり今日は1日中ポカ~んとしていました。

 悲しいお別れのたびに歳は取りたくないと思うのですが、こればかりは・・・。

 涙を拭いて明日からは滞っている業務を遂行しなければ・・・。

 今日の1枚は、ビル・エバンスの「アイ・ウィル・セイ・グッドバイ」です。何も言うことはありません。タイトル曲と3曲目の「Seascape」の悲しくも美しい旋律は、ジャズピアノの詩人ビル・エバンスの真骨頂であり、彼でなければ演奏できないものです。

I_will_say_goodbyeI Will Say Goodbye / Bill Evans

01. I Will Say Goodbye
02. Dolphin Dance
03. Seascape
04. Peau Douce
05. Nobody Else But Me
06. I Will Say Goodbye [Take 2]
07. The Opener
08. Quiet Light
09. House Is Not a Home
10. Orson's Theme

Bill Evans (Piano)
Eddie Gomez (Bass)
Eliot Zigmund (Drums)

Recorded May 11-13, 1977

|

« 取り敢えずアップします | トップページ | お久しぶり・・・でしたが、また来年 »

ジャズ・フュージョン」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175815/58145918

この記事へのトラックバック一覧です: 感謝と哀悼の誠:

« 取り敢えずアップします | トップページ | お久しぶり・・・でしたが、また来年 »