« 帯状疱疹 | トップページ | 取り敢えずアップします »

2013年7月17日 (水)

コルトレーン!コルトレーン!

 今日は、偉大なるジャズの巨星2人の忌日である。
 1人がジョン・コルトレーンでもう1人がビリー・ホリディですが、やはり今日取り上げるのはコルトレーンです。
 全国のジャズファンは、今頃コルトレーンの特にインパルスレーベル時代の熱い演奏と格闘していると思います。

Coltrane5

 私、今年は帯状疱疹なる病気になり、あまり活きが良くありませんが、それでも明日健康診断にも拘わらずアルコールをあおりながら聴いています。
 今日は、「ジャイアントステップ」以降の果てしなき道を歩んだ彼が、インパルスという当時の新興レーベルは新進気鋭のミュージシャンを進んで起用しておりました。(もちろんベテラン・ミュージシャンもバランスよく配置させながら・・・)。
 そのインパルスに移籍しての第1作目の記念すべき作品「アフリカ・ブラス」を取り上げます。
 とは言っても、あたしなどが下手な解説するよりは聴いて貰った方がよいので・・・いや実は面倒くさいのでここまでとします。(今日はなるべく聴いていたいので)
 でも少しだけ言うと、この作品は18人編成のビッグサイズです。そんでもってこの時期アトランティックレーベルにも作品(「オレ」)を残しており、双方を聴き比べるのもおもしろいです。
 この大編成は、後の「アセンション」につながるのでしょうか?

Africa_brass_2Africa Brass / John Coltrane

01. Africa
02. Greensleeves
03. Blues Minor

Personnel
John Coltrane - soprano and tenor saxophone
Pat Patrick - baritone saxophone
Freddie Hubbard (#2 only), Booker Little - trumpet
Britt Woodman - trombone (#1, 3)
Julian Priester (#2), Charles Greenlee (#2), Carl Bowman (#1, 3) - euphonium
Bill Barber - tuba
Garvin Bushell - piccolo, woodwinds (#2)
Julius Watkins, Jim Buffington (#2), Bob Northern, Donald Corrado, Robert Swisshelm - French horn
Eric Dolphy - alto saxophone, bass clarinet, flute
McCoy Tyner - piano
Reggie Workman (#2, 3), Art Davis (#1, 3) - bass
Elvin Jones - drums

Released November 1961

Recorded May 23, 1961 (#2)
              June 7, 1961 (#1, 3)

|

« 帯状疱疹 | トップページ | 取り敢えずアップします »

ジャズ・フュージョン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175815/57811423

この記事へのトラックバック一覧です: コルトレーン!コルトレーン!:

« 帯状疱疹 | トップページ | 取り敢えずアップします »