« 苦手克服のつもりではないけれど・・・ | トップページ | ご無沙汰しております »

2011年11月11日 (金)

合格発表の日は大晦日

 11月も3分の1が経過したところでまだ今月は1度も更新していないことに気が付き今パソコンに向っているところです。
 今年も残すはあと1カ月と20日。いろんなことがありました。
 まだ振り返るのは早いのですが、あまりにももの凄いスピードで時を刻んでいるような・・・そんな感覚です。
 40代の頃とは比較にならないくらいの速さで掛け抜けていきそうです。

 今日は、8月28日に行なわれた第43回社会保険労務士試験の合格者発表日でした。
 見事に合格した方、残念ながらあと一歩だった方・・・様々でしょうが、今日はゆっくりお休みください。

 そして社労士試験の受験生を継続される方は私も何回も落ちているので、次があなたの番です。諦めなければきっとあなたの番に廻ってきます。
 特に今年の試験であと一歩だった方は、順番待ちなのできっと来年は合格できると信じています。
 そして、社労士試験の受験生は今日は大みそかです。
 2~3日ゆっくり休んでからまた1年がスタートします。
 負けるな!「絶対に合格するんだ」という強い気持ちがあれば必ず合格できます。
 私のようなボンクラでも合格できました。
 絶対に無理な試験ではありませんよ。

 因みに今年の試験の合格者発表の概要です。

 受験申込者数 67,662人(前年70,648人)
 受験者数   53,392人(前年55,445人)
 合格者数    3,855人(前年 4,790人)
 合格率       7.2% (前年   8.6% )

  因みに9月30日現在の社会保険労務士の登録者数は全国で36,316人だそうです。

 
 今日もジャズ・ボーカルで、黒人女性ボーカリストではエラ・フィッツジェラルド、サラ・ヴォーンらと共に御三家とも呼ばれているほどの超大物カーメン・マクレエです。
 私もカーメンのドスの利いた声が結構好きなのですが、何て表現したら適切なのか・・・ハスキーっていうのとも、ちょっと違うし、とにかく聴いてほしいシンガーです。
 バラードは絶品で、他の御三家と比較しても遜色なく、他の2人にはないファンキーさも持ち合わせているシンガーです。
 そして今日紹介する作品は、「ブック・オブ・バラッズ」と並び彼女の50年代の代表作「アフター・グロウ」です。
 伴奏にはピアノのレイ・ブライアント(近鉄のブライアントとは全く関係ありません)ですから???間違いなしの名盤です。

After_glowAfter Grow / Carmen McRae

01. I Can't Escape From You
02. Guess Who I Saw Today
03. My Funny Valentine
04. The Little Things That Mean So Much
05. I'm Thru With Love
06. Nice Work If You Can Get It
07. East Of The Sun
08. Exactly Like You
09. All My Life
10. Between The Devil And The Deep Blue Sea
11. Dream Of Life
12. Perdido

Carmen McRae (vo,p)
Ray Bryant (p)
Ike Isaacs (b)
Specs Wright (ds)

Recorded March 6 & April 18, 1957, NYC

|

« 苦手克服のつもりではないけれど・・・ | トップページ | ご無沙汰しております »

ジャズ・フュージョン」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

社労士について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175815/53221082

この記事へのトラックバック一覧です: 合格発表の日は大晦日:

« 苦手克服のつもりではないけれど・・・ | トップページ | ご無沙汰しております »