« 震災から2年半、新橋開通 | トップページ | 大荒れの年越し »

2010年12月26日 (日)

妻、雪かきで負傷!?

 いやぁ~、今朝起きてビックリ。12月にしては結構積りました。前日が約10㎝強、そして今朝は約20㎝で今朝の雪質は水分を含んだかなり重たいもので、雪かきがキツかった。
 「痩せるかもしれないから、雪かきすんべ」と妻を誘いお外へ。

 妻は若いときの頃のように力任せで雪かきをしてどうやら肩付近の筋肉を痛めたようで湿布をする始末。
 私は・・・というと、絶妙な力加減でベテランピッチャーのような老獪さでひと仕事を終え無事で・・・いや明日以降の筋肉痛が心配。
 ようやく駐車場付近の雪かきが終わり、部屋の掃除をして、なんだかんだして昼食を摂った後、買い物に出かけて今日はおしまい。
 でも少しだけですが、学習時間が取れました。

 先週は、後半に体調がおもわしくなかったのですが、何とか金曜日と土曜日で少し早いのですが、顧客の定期訪問&年末のあいさつと助成金申請と仕事をこなして、明日は年金事務所で今年最後の当番の日です。
 平穏無事で終わることをお祈りして・・・。明後日は、午後に顧問先の定期訪問と年末のあいさつを行い、年内はその他約半日の事務作業を残すのみで業務終了とする予定です。

 先週の学習:経営法務(会社再生、解散・清算手続き等) 約2時間程度

 今日は、プログレッシヴ・ロックでキャメルの初期の傑作「ミラージュ(蜃気楼)」です。
 アルバム・ジャケットがとても印象的というか、タバコのパッケージそのまんまというか・・・。
 プログレというと4大バンド(ピンク・フロイド、キンクリ、イエス、ELP)が圧倒的な人気を誇っていますが、キャメルも一時期それらに肉薄する勢いがありました。
 この作品は、彼らのセカンド・アルバムで次作「スノーグース(白雁)」で人気を博すこととなった3段跳びでいうとホップ的な作品です。
 ニムロデル~ザ・プロセッション~ザ・ホワイト・ライダーへと流れていくところがとても印象的であり、蜃気楼というタイトルにぴったりです。
 そして組曲形式になっている「レディ・ファンタジー」は初期の名曲中の名曲です。
 プログレというとミュージシャンの演奏スキルが気になりますが、このキャメルは抜群にうまい印象はありませんが、細部にこだわっているって感じです。
 そして何と言ってもこのグループの看板は、アンディ・ラティーマーの泣きのギターです。
 現在でも泣きのギターは健在で、キャメル唯一のオリジナルメンバーで活躍しています。
 因みに格闘技ファンだったら絶対に聴いたことがある曲「キャプチュード」。前田日明選手の入場曲で有名なこの曲は彼らの絶頂期のアルバム「ヌード」(81年発表、終戦後、フィリピンで29年間も戦闘を続けていた旧日本兵の小野田寛郎さんを基にしたコンセプトアルバム)に収録されています。

MirageMirage / Camel

01. Freefall
02. Supertwister
03. Nimrodel/The Procession/The White Rider
04. Earthrise
05. Lady Fantasy
     Encounter
     Smile For You
     Lady Fantasy

Personnel
Andrew Latimer: Guitars, Flute, Vocals (03, 05)
Peter Bardens: Organ, Piano, mini Moog, Mellotron, Vocals (01)
Doug Ferguson: Bass
Andy Ward: Drums & Percussion

Recorded Backing tracks recorded at Island Studios, Overdubs recorded at Decca No. 2 studio
Released March 1,1974

|

« 震災から2年半、新橋開通 | トップページ | 大荒れの年越し »

ロック」カテゴリの記事

中小企業診断士試験」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175815/50408281

この記事へのトラックバック一覧です: 妻、雪かきで負傷!?:

« 震災から2年半、新橋開通 | トップページ | 大荒れの年越し »