« 媚びうる大臣の交代は妥当 | トップページ | 10月は社会保険労務士推進月間 »

2010年9月30日 (木)

情けない日本政府

 9月も今日で終わり明日からは衣替え・・・とは言え、もう既に肌寒くなってきたので私は一足早く衣替えを済ませています。
 10月は社会保険労務士制度推進月間で県の社労士会主催によるセミナー等がありますが、今年は当支部で我が町が会場となりセミナーや無料相談会などが開催されますので、出るようにとの要請がありました。
 まあ、私ごとき新人の身・・・あまりたいして役に立たないと思うし、出番もないと思うので、バッくれようか・・・と思いましたが来年大台のいい大人なので、大人しく出席することにします。

 しかし、もう語られ書き尽くされたと思うのですが、ホント日本の外交は下手ですな。
 情けない・・・。これでは我が国の財産を守るどころか国民の生命までの守ってくれるのか?怪しいものです。
 「国民に分かりやすい政治」をモットーに掲げた民主党は、何をコソコソと水面下で交渉をしているのか?
 口だけ政党ですな。

 今日は、ロック史上最高のギタリストのジミ・ヘンドリックスの2枚組の超大作「エレクトリック・レディランド」です。
 超大作にして超名作であり、ニューロック(当時日本ではこのように表現していました)の幕開け的な作品であり、クリームの作品と同様に代表的な作品です。
 私はこの人はギタリストだけにとどまらない未知の可能性を秘めたモノ凄いミュージシャンであると思っています。
 私がロックに目覚めたときには既に故人となっていましたが、レコードから飛び出してくる彼のギターの音色には艶めかしいものがありゾクゾクさせられます。
 最近のギタリストの音色はどれを聴いても同じようにしか聴こえてきません。
 そして機械が弾いているようにしか思いません。
 しかし、この作品は、生きている人間が弾いており、何か匂いまでしそうです。

Electric_ladyland Electric Ladyland / Jimi Hendrix

01. ... And The Gods Made Love 
02. Have You Ever Been (To Electric Ladyland) 
03. Crosstown Traffic 
04. Voodoo Chile 
05. Little Miss Strange 
06. Long Hot Summer Night 
07. Come On (Let The Good Times Roll) 
08. Gypsy Eyes 
09. Burning Of The Midnight Lamp 
10. Rainy Day, Dream Away 
11. 1983 ... (A Merman I Should Turn To Be) 
12. Moon, Turn The Tides ... Gently Gently Away 
13. Still Raining, Still Dreaming 
14. House Burning Down 
15. All Along The Watchtower 
16. Voodoo Child (Slight Return) 
 
Jimi Hendrix (vo,g,b,el-harp,perc,kazoo)
Mitch Mitchell (ds)
Noel Redding (b,al-g,vo)

Steve Winwood (org) on track 04
Al Kooper (p)
Buddy Miles (ds)
Dave Mason (12st-g)
...etc

Released October 25, 1968 (UK)
September 16, 1968 (US)
Recorded Olympic Studios, London & Record Plant Studios, New York, July 1967, December 1967, January 1968, April?August 1968

現在はこちらのジャケットで発売されています

Jimi_hendrix_electric_ladyland 

|

« 媚びうる大臣の交代は妥当 | トップページ | 10月は社会保険労務士推進月間 »

その他時事問題」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

社労士について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175815/49605940

この記事へのトラックバック一覧です: 情けない日本政府:

« 媚びうる大臣の交代は妥当 | トップページ | 10月は社会保険労務士推進月間 »