« 高年齢者雇用確保措置の崩壊 | トップページ | 媚びうる大臣の交代は妥当 »

2010年9月12日 (日)

年金の繰上げ請求って得なの?それとも損?

 あのとんでもない暑さもどうやら終息したのかも知れませんが、いやー今度は急激に冷え込むなんてことも考えられます。
 昨日までの私は、裸の大将のようなカッコウをしていましたが、今日はかなり涼しく1ヵ月後にはおそらく長袖を着ていることだと思います。

 さて、前回は仕事が少なくなり会社も雇用の継続が困難となって定年後の再雇用ができなくなり、高齢者雇用確保措置により定められた年齢まで達しないうちに失業して年金を繰上げ受給する人が増えてきたということを書きました。
 本来は、特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢のスケジュールと共に再雇用後の減額された賃金とそれを補正するための雇用保険から高年齢雇用継続基本給付金と併せて何とか60歳前の手取り賃金よりは少なくなるものの何とか生活レベルを落とさないようにと考えるところですが、収入のメインとなる給与所得がなくなるのでは、年金を早めに貰うしか方法はなさそうです。

 この早めに貰う方法を「繰上げ請求」と言います。
 何を繰り上げるかというと本来65歳から貰うはずの老齢基礎年金(国民年金)を前倒しで貰うということですから、誰もがそうしたいのですがいいことばかりではありません。おいしい話にはデメリットも付き物ですな。

 繰上げ請求のメリット・デメリット

 <メリット>
 ・早い時期からお金を手にすることができる。
 ・若いうちに亡くなった場合は、本人の受取総額は多くなる

 <デメリット・注意点等>
 ・減額された受給率は一生変わりません
 ・事後重症の障害年金や寡婦年金は受け取れなくなります
 ・遺族厚生年金は65歳になるまでもらえません。(65歳まではどちらか有利な方の一方のみを選択することになりますが、選択できなくなります)
 ・国民年金の任意加入はできません。(若い頃に未納だった期間がある人は60歳以降に任意加入でき保険料を支払い年金額を多くすることが可能ですが、繰り上げた場合は65歳になったとみなされるため任意加入はできません)
 ・保険料免除期間などについても追納できません。(10年間遡れますが、繰上げ請求後はできません。)
 ・一度請求したら取り消しは不可能です。
 ・請求したときから繰上げ受給することができ、遡って受給することができません。
 ・振替加算は減額されることなく65歳から受け取れます。
 ・加給年金は、本来受け取れる年齢に達したとき、減額されない本来の額を受け取ることができます。
 ・付加年金は同時に繰上げされます。この場合は同じ減額率で減額されます。
 ・全部繰上げをすると、定額部分が支給される方には定額部分は受け取れなくなります。

 上記については一つ一つ解説はしませんが、何よりも会社が再雇用してくれなくなった場合は、これまでのプランもガラガラと音をたてて崩れていくことになります。

 それから繰上げについては、損得の議論が年金相談窓口でも行われますが、結局は結果論です。
 言葉は悪いが、ギャンブルのようなものです。
 繰上げとは反対に繰下げもありますから尚さらギャンブル性が高いものと考えられます。
 繰上げ請求の減額率は月0.5%で最大5年なので30%減額。
 一方繰下げの申出があった場合は、月0.7%(最小繰下げ期間1年間という縛り有)で最大42%増額。
 これに簡易生命表の平均余命のデータ、自分の健康状態など熟慮をした上でご自身で決めて下さい。

 今週の学習:恩給制度について少々、受験勉強は約2時間程度(店舗施設に関する法律知識)

 今日は、モダン・ビッグ・バンド・ジャズの最高峰のサド・ジョーンズ&メル・ルイス・オーケストラの人気盤「セントラル・パーク・ノース」です。
 通称サドメルの69年作品で不朽の名作と評価されている作品です。このバンドは一流ミュージシャンの楽しむ場としてリハーサル・オーケストラから出発したそうです。
 そして今では2人のリーダー共に故人となったため、結成当初NYのヴィレッジ・ヴァンガードを主戦場としていた(ライヴ盤有り)ことなのでしょうか?現在ではヴァンガード・ジャズ・オーケストラと呼ばれています。

 モダンなアレンジ、各楽器の掛け合い等楽しさ満載です。
 特に「Tow Away Zone」、「Jive Samba」、「The Groove Merchant」あたりはノリノリですね。
 ビッグ・バンドはちょっと・・・という方にもお勧めできる作品です。逆にジャズ=4ビートと先入観100%の方はどうでしょうか?

Central_park_north Central Park North / Thad Jones & Mel Lewis Jazz Orchestra

01. Tow Away Zone 
02. Quietude 
03. Jive Samba 
04. The Groove Merchant 
05. Big Dipper 
06. Central Park North 

Personnel
Thad Jones (flh)
Mel Lewis (ds)
Roland Hanna (p)
Richard Davis (b)
Barry Galbraith (g)
Sam Brown (g)
Jerome Richardson, Jerry Dodgion (as)
Joe Farrell, Eddie Daniels (ts)
Joe Temperly (bs)
Snooky Young, Richard Williams, Danny Moore, Jimmy Nottingham (tp)
Jimmy Knepper, Bennie Powell, Eddie Bert, Cliff Heather (tb)

Recorded 1969 June 17, 18, A&R Studios, New York City

|

« 高年齢者雇用確保措置の崩壊 | トップページ | 媚びうる大臣の交代は妥当 »

その他時事問題」カテゴリの記事

ジャズ・フュージョン」カテゴリの記事

中小企業診断士試験」カテゴリの記事

労働・職業」カテゴリの記事

年金・保険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175815/49427056

この記事へのトラックバック一覧です: 年金の繰上げ請求って得なの?それとも損?:

« 高年齢者雇用確保措置の崩壊 | トップページ | 媚びうる大臣の交代は妥当 »