« 大殺界に突入しました | トップページ | 温泉研修? »

2010年1月12日 (火)

返還金バブル

 昨年の後半ごろからTVのCMで「カバライオン」とか「シンパイナイヨ!」あとは新聞等で法律事務所(弁護士、司法書士等)などの過払い金の請求(返還金)についての広告がやたらと多くなったことに気付いた方も多いと思います。
 何故でしょうか?これにだって理由はある筈ですよね。
 皆さん「出資法」という法律はご存知でしょうか?ここでは敢えてこれに関することは説明はしませんが、お金を借りるときに利息が付きますが、その利息が問題ですね。その利息の上限を法律で定めておかなければ不幸になる人が多くなりますね。
 おやおや利息の上限を決めているのは「利息制限法」じゃ~ねえのかよ!という声が聞こえてきそうです。この当たりになると少々話がややこしくなってくるのですが、どちらも貸金業者にとっては遵守しなければならない法律なのですが・・・。
 出資法による利息制限は、上限が年29.2%ですが、利息制限法での上限は元金によって違いますが年18~20%です。
 しかしこの2つの法律の決定的違いは、罰則があるか否かなのです。上限が高い出資法は、罰則有りで利息制限法は罰則がありません。つまり利息制限法は自主規制ということなのでしょうか?そして出資法の上限を超えた場合は、いわゆる「ヤミ金融」ということになります。
 そして、出資法の上限から利息制限法の上限の間で貸し付けている消費者金融がほとんどを占めていると思われますが、この金利を聞いたことがあるでしょうそうです「グレーゾーン金利」ですね。
 要するにあのCMは、このグレーゾーン金利で借りている人たちに対する返還金債権の請求についての広告なのです。
 では何故最近になって多くなったのでしょうか?
 それは今年の6月に出資法が改正され上限が20%になるから・・・つまりグレーゾーンがなくなるから・・・なのでしょう。
 ですから現在は彼ら(弁護士や司法書士)にとって、「返還金バブル」なのです。
 そのバブルも弾ける手前なのですが、これら法務の専門家は司法制度の改革でここ数年多くなっていることから仕事の取り合いやお互いの領域をも侵害しかねないこととなっているようです。
 私たち社労士もうかうかしていられませんね。バブルが弾けてその影響がなければよいのですが・・・。

 魁皇関おめでとう! 本当に凄い記録です。あの千代の富士の記録はおそらくもう破られることはないと思っていましたが・・・。型にハマると(右上手を取ると)まだまだ強い力士ですね。今年全部の場所を8勝でいくと850に到達するしあと2年いや少なくても40歳まで取ってほしいですね。
 しかしなんとも運命っていうか巡り合わせというか、この大記録の更新の相手が千代の富士の弟子の千代大海関であり先場所までお互いに大関を張っていた仲。う~む、運命を感じさせますね。人生ってやっぱ深いなぁ~。

 今日は、ハービー・ハンコック60年代の代表作「処女航海」です。彼は62年にあの人気曲「ウォーターメロン・マン」を含めたアルバム「テイキン・オフ」をひっさげて登場し、翌年にマイルスのグループに加入して脚光を浴びました。
 この作品は、彼がマイルスのグループに加入して2年が経とうとした時期に録音された作品です。ピアノプレイはもちろん作曲面でもより一層磨きがかかっており、真価が発揮された傑作となりました。
 本作は海をテーマにしたコンセプト・アルバムであり、当時のマイルスのサイドメン(厳密に言うとこの1年前のレギュラー)に加え御大マイルスに代わりフレディ・ハバードを起用して録音された当時の新進気鋭の猛者たちの競演でもあります。
 テナー・サックスのジョージ・コールマンがウエイン・ショーターであれば当時のマイルスを除いたレギュラーであるし、後のVSOPクインテットなのです。
 当時の彼らつまりヤングライオン達を「新主流派」などと呼ばれていました。
 因みに録音当時は、御大マイルスが静養中(療養中?)であり、その後に録音された「ESP」というアルバムで本作に収録された「リトル・ワン」が演奏されており、両者を聴き比べてみるのもよいかと思います。

Maiden_voyageMaiden Voyage / Herbie Hancock

01. Maiden Voyage 
02. The Eye Of The Hurricane 
03. Little One 
04. Survival Of The Fittest 
05. Dolphin Dance 

Herbie Hancock (p)
Freddie Hubbard (tp)
George Coleman (ts)
Ron Carter (b)
Tony Williams (ds)

Recorded March 17, 1965

|

« 大殺界に突入しました | トップページ | 温泉研修? »

その他時事問題」カテゴリの記事

ジャズ・フュージョン」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ちょ!!なんか適当にやってたらマネーもらえたんけど(笑)
http://comoscomos.com/san/e6usxa3

投稿: 中野 | 2010年1月16日 (土) 13:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175815/47276753

この記事へのトラックバック一覧です: 返還金バブル:

« 大殺界に突入しました | トップページ | 温泉研修? »