« 選手生命・・・現役へのこだわり | トップページ | 力士の進退は本人次第 »

2009年11月22日 (日)

反射的に・・・やっちゃいました

 2010年W杯サッカーの本大会出場国が出揃いました。そんな中でフランスのアンリ選手のハンドリングで物議を醸している対アイルランド戦。
 サッカーをあまり知らない人は驚いたでしょうが、あんなのはよくあります。私もFWをしていましたので手を使いたくなる気持ちはわかります。
 でもそれがあのような緊迫した場面でしかも大舞台で出てしまうのですから、アンリ選手は大物です。しかし決して誉めているわけではありませんよ、あの行為。
 しかし、反射的に(手が)出てしまうこともわかります。
 審判(主審)は見えなかったのか、あれを故意とみなさなかったのかはわかりませんが、とにかく大問題へと発展しそうな感じがします。

 ところで中小企業診断士の学習の方はさっぱりでありまして、現在はテキストの2冊目に突入して数ページのところで中断しており、今日は少しマーケティング・ミックスのところを学習しました。
 でもなんのこっちゃ?イマイチわかりません。

 今日は、ビル・エバンスで66年の作品「ア・シンプル・マター・オブ・コンヴィクション」でトリオ編成の作品です。
 あの天才スコット・ラファロ亡き後、チャック・イスラエルを起用していましたが、本作品ではその後長年ユニットを組むこととなるエディ・ゴメスとの初顔合わせがこの作品です。
 そしてドラマーにはベテランで業師のシェリー・マンが起用されており、これは3人によるインタープレイの極意をトコトンに・・・と期待せざるを得ない作品ですが、開けてドッキリ・・・でもない普通のセッション。
 録音担当もルディ・ヴァンゲルダー氏なので期待していましたが、これも並以上のヴァーヴ盤作品。
 それでも選曲はすばらしいのでピアノ・トリオが好きな方にはオススメします。ビル・エバンスのファンは、まずスコット・ラファロ在籍時の4枚のアルバムとジム・ホールとのコラボや「インタープレイ」を購入後でしょうね。

A_simple_matter_of_conviction A Simple Matter of Conviction / Bill Evans

01. Simple Matter of Conviction 
02. Stella by Starlight 
03. Orbit (Unless It's You) 
04. Laura 
05. My Melancholy Baby 
06. I'm Getting Sentimental Over You 
07. Star Eyes 
08. Only Child 
09. These Things Called Changes 

Bill Evans (p)
Eddie Gomez (b)
Shelly Manne (ds)

Recorded October 11, 1966

|

« 選手生命・・・現役へのこだわり | トップページ | 力士の進退は本人次第 »

サッカー」カテゴリの記事

ジャズ・フュージョン」カテゴリの記事

中小企業診断士試験」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

後味の悪い試合となりました。でも、あの場で「ハンドだったから取り消してください。」って言える選手なんていないと思います。
神の手ゴールはワールドカップの歴史とともに、ずっと語り継がれるでしょうね。
マラドーナのように図太くない(と思われる)アンリは、世論からのプレッシャーに耐えられるでしょうか?

投稿: 育毛剤おすすめランキング | 2009年11月24日 (火) 21:26


昨日ホテルで女性2人に乳-首&フェ-ラ攻めされてしまいました。。
ちなみに女の人イってないのに、僕の精.子見ただけで勝手に満足して5万ずつ貰えました(笑)

http://kuruma.koreikura.net/-l5wwfu/

一応、明日は3人でする予定なんで、今からドキドキしてます |▽//)ゝ

投稿: 今からドキドキしてるんですけど。。 | 2009年12月20日 (日) 18:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175815/46832048

この記事へのトラックバック一覧です: 反射的に・・・やっちゃいました:

« 選手生命・・・現役へのこだわり | トップページ | 力士の進退は本人次第 »