« 揺れる気持ち | トップページ | 雇用保険未加入(適用できるのに)労働者約1000万人 »

2008年11月20日 (木)

テキトーさも必要?

 風邪が長引いてしまいもうすぐ1週間。この間出勤したのは僅か2日だけ。2度目に病院に行ったときは、気管支炎と診断されその場で即点滴を・・・。もうこの歳になって無理することもしたくないし、入ったばかりの会社には気が引けますが別に出世したくもありませんし。まあテキトーに・・と思うことにしたら少し病状が良くなってきたような感じがします。でも独立・開業したらこんなことで寝込んではいられないでしょうね。まだまだ自分に甘えがありますが、甘えられるうちは大いに甘えることにしました。ときに自分の性格が本当にイヤになってくることがあります。タレントの高田純次さん・・・まではいかなくても、そのくらいのテキトーさや、いい加減さも偶には必要なのかも知れません。

 さて、先日労働基準法改正案が一部修正を経て衆院本会議で可決されたようです。これによると時間外労働に対する賃金の割増率(現行25%以上50%以下)について、月60時間(当初80時間でしたが)を超える部分を「50%以上」に引き上げることを定めています。これによって人件費高騰を防ぐため長時間労働の抑制が行われると思いますが、場合によってはタダ残業も更に増加するのではないか?・・・と懸念されるところです。また、年次有給休暇について年間5日分に関し、1時間単位での取得(公務員は時間単位の取得が可能)を可能とすることも盛り込まれているようです。施行は2010年4月を予定しているようです。

 今日は、ビル・エヴァンスの渾身の1枚の「モントルー・ジャズ・フェスティバルのビル・エヴァンス」です。60年代の始めスコット・ラフォロとポール・モチアンとで結成したピアノ・トリオは各々の楽器にお互いに反応し合い音で会話をする「インタープレイ」を持ち味にしていた伝説的なユニットでした。
 特にビルの女房役のベースのスコット・ラファロと築き上げたものはあまりにも凄すぎました。そんなときにスコットが交通事故により死去。それから何年もビルの迷走は続きました。しかし、この作品で女房役をしているエディ・ゴメスと出会い彼の人生はまたここから大きく飛躍を遂げました。その後エディは何と約11年もの長きにわたり女房役を務めました。さて、このアルバムはフランス語のイントロダクションから始まり、直ぐさま躍動感みなぎる演奏が繰り広げられます。実況録音ですが音が良いことでも有名な作品です。是非一聴をおすすめします。(初心者オススメ度=★★☆)

Bill_evans_at_the_montreux_jazz_fes Bill Evans At The Montreax Jazz Festival

01. Introduction/One for Helen
02. Sleepin' Bee
03. Mother of Earl
04. Nardis
05. I Loves You, Porgy
06. The Touch of Your Lips
07. Embraceable You
08. Someday My Prince Will Come
09. Walkin' Up
10. Quiet Now [#]
CD Bonus Track

Bill Evans (p)
Eddie Gomez (b)
Jack DeJohnette (ds)

Recorded live at Casino De Montreux,Switzerland ; June 15,1968

 以下の映像は、エディ・ゴメスのソロをフューチャーしたビル・エヴァンス・トリオの「枯葉」です。1966年頃と思われます。因みにドラムがアレックス・リールです。


|

« 揺れる気持ち | トップページ | 雇用保険未加入(適用できるのに)労働者約1000万人 »

ジャズ・フュージョン」カテゴリの記事

労働・職業」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175815/43173414

この記事へのトラックバック一覧です: テキトーさも必要?:

» 労働時間延長の限度基準の立場は・・・ΣΣ┏(_□_:)┓iii [労組書記長社労士のブログ]
{/m_0059/} 何度見てもこの写真の俺かっこいいっ{/m_0203/}(←自画自賛) ぶーさんありがとう{/hiyo_uru/}  先週の火曜日に衆議院で可決した「改正労働基準法案」。 第170臨時国会の会期末である11月30日(日)までには参議院で可決して成立する予定。  元々の政府案では、時間外労働の賃金割増率(現行25%以上50%以下)を、50%以上に引き上げるのは月80時間以上とされていたが、けっきょく月60時間を超える分についてと修正されました。 もう1箇所、施行日が「公布の日から... [続きを読む]

受信: 2008年11月25日 (火) 14:03

« 揺れる気持ち | トップページ | 雇用保険未加入(適用できるのに)労働者約1000万人 »